個人の方向け取扱い業務について

離婚について

離婚問題に関しては、別途詳細ページをご確認下さい。

離婚問題について

借金について

当事務所では借金に関する相談をお受けしております。

Q

【法律事務所に依頼するメリット】そもそも、借金の整理を法律事務所に依頼するメリットはあるのでしょうか。

A

先ず、弁護士が依頼を受けたことを債権者に通知した時点で取り立てが(借金返済の催促)がなくなります。また、返済を止めますから日々資金繰りに悩むこともなくなります。
その後、破産して免責を受ければそれまでの借金は返済しなくてよくなりますし、任意整理や個人再生では、収入に合わせた無理のない返済計画をたてることにより、生活にゆとりが生まれます。

Q

【秘密にできるか】借金のあることやその整理をしていることは会社や知人に知られずに処理できますか。

A

借入先には任意整理手続や破産申立てをすることを通知しますが、その他には知られることはりませんし、知らせる必要もありません。

Q

【自宅について】借金の整理をする場合、自宅を手放さなければなりませんか。借家の場合、立退きを求められませんか。

A

破産をした場合には、高額の資産として持家は処分しなければなりません。しかし、任意整理の場合には残すことは可能ですし、個人再生の場合も一定の要件のもとに残すことができます。借家の場合には、家賃の滞納がなければ、そのまま住み続けることができます。

交通事故について

当事務所では交通事故に関する相談をお受けしております。

Q

【加害者として法律事務所に依頼するメリット】交通事故の加害者となった場合に、法律事務所に依頼するメリットは何ですか。

A

特に人身事故の加害者となった場合、刑事の問題として自動車運転過失致死傷罪・危険運転致死傷罪で処罰されると共に、民事の問題として補償の問題が発生します。刑事事件で必要以上に不利な処分を免れるためには、民事を含めた適切な初期対応が必要です。弁護士に依頼するメリットはまさにこの点にあります。

Q

【保険会社の示談交渉について】加盟している損害保険の方が自分に示談交渉を任せて欲しいと言って来ましたが、不安です。

A

軽微な事故の場合、保険会社示談交渉にまかせてよいとは思いますが、基本的に保険会社間の力関係や同業者同士の馴れ合い的なことになってしまう懸念もあり、また、交渉がうまくまとまらなかった場合の訴訟は保険会社ではできません。このような点から最初から弁護士に相談することをお勧めします。保険によっては弁護士費用が出るものもあります。

相続について

当事務所では相続に関する相談をお受けしております。

Q

【相続税の支払と遺産分割協議】父が死亡した後、長男が相続税の支払い時期が迫っているので遺産分割協議書に直ぐに実印を押せと迫られております。どうすべきでしょうか。

A

相続税については、遺産分割協議未了でも、法定相続分で相続税を算定して納税可能です。後日、修正申告又は更生をすればよいだけです。ですから、遺産分割協議書の内容に承諾できないのであれば、押印を拒否して、納得がゆく結論が出るまで話合いをすることができます。

Q

【相続の手続】兄弟間で相続に関して話が付かない状態となっていますが、弁護士さんに頼んで裁判などして、更に兄弟間の関係を悪化させたくないか心配です。具体的にどのように進めるのでしょうか。

A

相続、遺産分割には、まず、家庭裁判所における「調停」という話合いによる解決を必ず先行させます。この調停で落ち着きどころを探り、お互いに譲り合って解決することができます。

Q

【相続に関する紛争の予防】自分の相続で妻子の間で紛争を起こさないで済む方法はありますか。

A

法令に則し、実情を反映した遺言を作成することにより、相当程度紛争を予防できます。